ずうずうしい度はいまいちだけど、先週あった話。

携帯に見覚えのない番号から電話が来た。

無視してたら4~5回連続でくるので、間違いだと教えてあげようと電話に出た。

私「もしもし」

男(声から推測で40代)「あ、○○さん?」

私「違います」

男「え?○○さんじゃないの?道理で出ないわけだね」

私「では失礼し…」

男「ああ!でも間違い電話で分かってても出てくれたよね!?それって運命感じない?」


私「は?」

男性「だーかーらー、君も何か感じたから電話に出てくれたんだよね!?運命だよ運命」

私「………」

男性「すごいよねーすごい確率だよー、ね?ね?」

私「…はあ(呆)」

男性「せっかくの運命的出会いなんだから、近いうちに会」

私「すいません、子どもが泣き出したんで切ります」

男性「…お子さんいたんですね」

私「あと、電話番号削除しておいてくださいね、迷惑ですから」

男性「…はい」

だいたいこんな感じの流れだったけど、やたらと運命運命ほざく人だった。

これでもう電話が来なきゃいいけど、また来たら電話番号変えなきゃいかんのかなあ…面倒くさい。